対策はしっかり。あとは当てはまるだけだ!

7億円が当たったら、とりあえず家庭の貸出を皆済決める。それから室内の古くなった衣装や家財を捨てて、品名の被服や家財を購入します。一度に捨てると際立つので、少しずつ捨てて、多少空白が出来たら会社に行ってまとめ買い!次はクルマだ。所有している2台の一部1台が、もう乗り換えの年代に来ているので、ストアー周りを開始し、各種器機も付けた豪華なクルマを購入します。一度に2台買い替えると際立つので、もう一度1台は1~2階級後に差し換えます。そして家族で外国ピクニックに出掛けます。ゴールはハワイ!娘が授業に通っているので、夏休みや年末年始といったピークにしか休めない結果、旅費が厳しくかなり行くことができませんでしたが、今回は気にすることはありません。ピークの一番大きい年代に、職業タイプで行ってみたいと思います。ここまで使っても依然として1億円も使っていないでしょう。なので残る財貨を取り敢えず預金することに決める。こういう残る財貨を通年1千万ずつ使っても、60階級以上は使えると思うので、とうにはたらく必要はありませんが、遊んでばかりではアホてしまうので、色んな運営手を試してみたいと思います。まずはかじ取り要請。資源費用の大きい、配当業績の相応しい商品にかじ取り決める。次に私立仕様社債。格付けの良いものを選んでかじ取り決める。はじめは100万円そばから投資して、じわじわかじ取り合計を足します。次は破たんリスクの無い大組織で配当金利のいい株にかじ取り決める。こちらもはじめは100万円そばから投資して、ゆるゆるかじ取り合計を足します。これらの利率や配当で通年600万円の収入を目指します。実現したら売り買いを辞めて、悠々自適な生活をして面白い老後を過ごそうと思います。http://2012.xn--vckj7lb5209aj75cbcfqyz.com/